記す・告げる(fudemojiya 白晃ブログ)

大洲への旅

2008.12.07 Sun 21:23

 快晴!12月とは思えないぽかぽか陽気。
12月にこんな気候にお出かけできるなんて奇跡的な幸せ。

今日は久しぶりに少し遠出。 大洲へ向かっていざ出発。




まずはしろかわにある「ぎゃらりーしろかわ」へ。
そこで開催されている「かまぼこ板絵展」の千秋楽。


     
              






かまぼこ板一枚の中に、いろいろな世界観。
まさに小さな宇宙です。

それぞれに味があり、どれもこれも花盛り。
なによりその数。
ここは応募したもの全て展示していただけます。
こんなにも「絵」を書くことを楽しんでいる方が
いらっしゃるのだということに、驚きです!
そして喜びも!!



そこで105歳の受賞者の方がいらっしゃっていたのに偶然遭遇!

90歳から絵を始めて、去年もこちらで個展をされたとか。
わが子とは100歳以上の年の差。
みんなで握手をしていただきました。
その手はしっかりとしていて、優しく全てを包んでくれるよう。
そしてなにより、パワーを一杯いただきました。
来年は我が家も家族で応募するぞ☆



その後は大洲のTODAY’Sギャラリーさんへ。
肱川の脇にたたずむ本当に素敵なギャラリー。
前面のガラスから差し込む暖かな光。
目の前に広がる大きな流れる川とススキの穂の束。
何時間でもそこに座って風景を眺めていたいくらい。


今日はそこで開催中のいつもとってもお世話になっている
額師風雅さんのフレームワーク展へ
おじゃましました。



        




今回私の作品もちょっぴり
お供させていただいてます。

         

オリジナルで風雅さんに額装していただいたものを一緒に
おいていただいております。
牛模様の額の中にちび牛が。
かわいい。。。。でしょ?


そしてそして、今日の最大の目的は風雅さんの「おもしろ額作りのワークショップ」への参加です。


       
  

             
                                            
                                          
                                   


おおまかではあるのでしょうか、額ができるまで、という
興味深い過程を体験。
どんどんのめりこんであっというまの2時間。

淡い色から濃い色へ、ぼかしたり、模様や金箔をつけたり。
ちょっと削って、なじませてみたり。
色味をかさねることにで奥行きがでたり、やぼかしをいれる
ことで立体感がでたりします。 これはすごい!!

何とか無事完成。
額作りの奥深さとおもしろさをちょっぴり知ったような・・。
はまってしまって、やばい、来世は額師になりたい??

風雅さん、奥様、そしてtoday’sギャラリーの皆様
ありがとうございました。

風雅さんのフレームワーク展。
14日まで開催中です。
みなさまも是非、足を運んでみてくださいね。


のどかな大洲の風景。
ほほにふく少し冷たい風。
全身で深まる秋を、ものづくりの奥深さを感じることのできる旅。
書く事、描くこと、作ること、共通のものをそこに見つけます。
さあ、明日からまたがんばろう!!


                  




 


▲PAGE TOP

いそぎきたれ

2008.12.13 Sat 23:23
 今日はmeの幼稚園のクリスマス会でした。


派手さは決してないけれど、凛として、品があって、厳かな祝会。
ローソクの火を順々につけていって、暖かな心もみんなに回っていきます。


ページェントやコドモたちの歌。
心が震えるほどの透き通るような純粋さに心を打たれました。
そして成長を感じます。


年長さんが歌った歌の中にこんなような歌詞がありました。



くりすますだからかんがえる
なぜあらそいがおこるのか



そのような歌詞だったと思います。
そうか、クリスマスってそういう日だった。
自分や家族の幸せだけではなくて、
世界や世界のために今私たちに小さくてもデキルコト、
について少し考えました。


お教室に帰って、コドモとママがお互いのために秘密で
作ったクリスマスプレゼントを交換しました。


これは一人一人に先生が作ってくれたツリーのブローチ。
もちろん手づくり。
あったさいっぱい。







一本づつ毎週ローソクがついて、お教室やそこかしこにクリスマスの
しつらえがはじまって、毎日一つづつアドベントカードに飾り付けをして
指折り、楽しみな日を待つ。
いろんことがめまぐるしく変化し、手を伸ばせば、」ほしいと思えば
手に入る時代。
だからこそ、ゆっくりと何かを待つ、という時間を持てる用に
準備していただいた、先生たちの力に今回、本当に感謝しました。

神様はそこここにいらっしゃる。
そう感じることが今日、できました。

▲PAGE TOP

がりがりはんこ

2008.12.15 Mon 23:23
 


田園風景の中にひょっこりとたたずむJUMONさんの窓からの風景。
今日はがりがりはんこのカキノジンさんのお教室です。

以前から楽しみにしてました。
書と印、とっても関係が深いから。


さすがの大阪人。
軽妙なトークと小道具でみんなの心をつかんでいきます。


  こんなのにはさんでガリ!     

                  みてみて〜〜、開始から3時間。 二つはんこができました。
                  それを先生が見事にぺたぺたしてくれたのが右↑


デザインを考え、書き落とし、それを彫っていく。
彫っているときはいろんなことは頭からなくなって、その石とだけ
対面しています。
小さな硬い石の中に、無限の世界が詰まっている。
それがはんこなのかもしれない。
彫った後の爽快感がチン、と音を立てて胸の中に座っていました。


▲PAGE TOP

寄せ植

2008.12.18 Thu 15:48
    
 


misiangreenさんプロデュースのお正月の寄せ植です。
小さい葉牡丹が魅力的。
その寄せ上に小さい書をあしらってみました。




そして、明日からそのmisiangreenさんでworkshopを
はじめさせていただくこととなりました。
店長さんはじめ、スタッフさんのあったかい心に感謝。


misiangreenさんとはとっても不思議なご縁で
大好きだったお店でwsが始めれることを心から幸せに
思っています。



明日19日、時間は閉店後夜7時より。
明日のテーマはお正月。
misianさんの空間で私なりのお教室をみんなと一緒に作っていけたら
いいなあ、と思っています。

お仕事帰りに都会のオアシスで、素敵なお花に囲まれながら
癒しと製作のひと時を一緒に楽しみませんか?
店員は6名です。
お早めにお申し込みくださいね。

misiangreen 089−907−2440



▲PAGE TOP

濡れた写真と鉄

2008.12.19 Fri 22:55


今日は午後からMeと二人。
あーp−が生まれてから二人で行動、という時間が
ほぼなくて、二人でデートが妙にうれしくて。。。
 

萬翠荘で行われているツヨニー工房の西山 毅さんの個展へ。
建物までの道も凛とした空気が包んでいて
それ自体、アート。


          


          


洋館の重厚感と作品がマッチ。  いつの時代か?ここはどこか?
ぴりりとした空気にしばし時の流れが止まったかのようでした。

帰り道、寒空を一瞬忘れる程、Hotなものを頂いて帰りました。





▲PAGE TOP

        
 

       


Meがあ−p−の産後1ヶ月私の実家にいるときに通ったときの
幼稚園の担任のna子先生が遊びに来てくれました。
na子ちゃんは私の幼稚園からの友達。
そしてMeはその幼稚園に通いました。不思議な縁です。


na子ちゃんのお土産のSalon de Emuさんの焼き菓子やジャムで
一緒にケーキの飾り付けをしました。
Meがんばったね♪
na子ちゃん、また遊ぼうね。ありがとう。

 夕方いつもお世話になっている
                h菜サンタがやってきてくれました。               
                そしてサプライズ、rejetonさんのかわいいクッキー届けてくれました。
               
                h菜ちゃん、いつもいつもありがとう♪



こうやって家族みんな元気で無事、そして友達のあったかい心。
なによりなによりの幸せはここにある。
いつもよりそんなことを強く思う聖夜です。
神様、ありがとう♪ 
                
          

▲PAGE TOP

当番

2009.01.13 Tue 11:36

                      

                        今週はゴミ置き場の掃除当番です。
          「当番」のお仕事はおうちの中の「大人の人」がするもののように思っていました。
                    私も「大人の人」になったのでしょうか。

 


▲PAGE TOP

触る

2009.01.20 Tue 14:50



misian greenさんプロデュースのgreenたち。

ヒヤシンスは幼稚園のとき
ガラスの専用びんにはいっていて窓辺におかれていました。
根っこがぐにゅっとからみあって
そこからピンクのお花がさいていました。



そのときの窓辺の陽だまりの暖かさとか
お友達のほっぺがあかかったことなど
今でも目を閉じるとはっきりと浮かんできます。




▲PAGE TOP

古道具たちと

2009.01.21 Wed 21:07
 先日のCAFE NEW CLASSICさんのご縁で
知り合ったArlingtonrowさんのお店にいってきました。


いつかの春、1回目のArlingtonrrowさんのNEW CLASSICさんの
イベントに行ったとき、そのディスプレーや
もの集めの感覚に、ドキドキしたのを覚えています。
その時、買った古いロッカーが今も我が家の整理棚
として活躍中。

だから、こうやって繋がることがとっても不思議です。


ただ今イベント中で「 Antique Doll & Bear 展 」をされていて
世界の古いお人形たちがたくさん並んでいました。



だれかのそばで笑ったりないたりしていた子達。
コドモと一緒に成長してそして時にまた自分も子供に。。。
目を見つめるとほっとします。


古道具たちも一つ一つ物語がありそうで
持つとじんわり何かを語っているようです。


外は雨。
ゆっくりと時がながれます。


おいしいお茶と楽しいおしゃべり。
まだまだ話すことが一杯だったけれど
Time out。
素敵な時間、ホントに、ありがとうです☆☆
元気も、もらいました。


また、たずねに行きます。




    


〒791-8012
愛媛県松山市姫原2−2−10
    Tell 089(922)9150
http://arlington-row.com/

「 Antique Doll & Bear 展 」
24日まで




▲PAGE TOP

続・えんとつ山

2009.01.23 Fri 18:21
 



続・ユリイカ的えんとつ山プロジェクト。



ただ今ユリイカさんのお店で形を変えて展示中です。
詳しくはユリイカさんのブログhttp://blog.eureka-akerue.com/にて。


写真はユリイカさんのお庭からやってきた
ろう梅。
ほのかな香りがしばらく室内を包んでました。


こんな自然をさらっと取り入れながら素敵に
生活されてます。



▲PAGE TOP

▲ページトップへ

筆文字屋 白晃
〒791-1102 愛媛県松山市来住町160-5
TEL&FAX: 089-975-1257

copyright © fudemojiya hakko. all rights reserved.