記す・告げる(fudemojiya 白晃ブログ)

オランダからの風

2008.12.16 Tue 23:44
 


アッセンドルフト作家の岩井由美子さんの個展を見に行きました。

オランダの伝統工芸、アッセンデルフトのオリジナルの作品と
その町をスケッチした絵が展示
されています。


思わぬものに色とりどりの鮮やかな色彩が施されていて
こんなものに!という驚きと新鮮さ。

ある種「リノベーション」でもあるのよ、と岩井さん。


目を奪われたオランダをスケッチした水彩画。
少し灰色味ががったその絵は異国での美しさに
心ふるえる岩井さんの想いが伝わってきて絵の前にたちすくしてしまった・・・。


松山全日空ホテルアヴァ2Fでも常設中。
是非、その鮮やかな世界をごらんください。


▲PAGE TOP

えんむすびプロジェクト

2008.12.21 Sun 22:04
 

えんむすびプロジェクト2008at大街道へ。

    はっとする作品がそこここに。
                    
                         
これは着せ替え組み木。
端切れをはさんで何回も何と                  
おりにも組み合わせれます。
Meがずっーと遊んでました。


障がいを持つ方が日々作業所や施設で製作されています作品を、
よりよい環境で販売ができるようにとのさまざまな方々のサポート。
熱い想いが伝わります。

会場のあったかな空気を家族で感じながら、ホントに素敵な
作品たちを我が家にも持ち帰りました。  





         



▲PAGE TOP



気温もグッと低くなって「冬」本番。
やはり年越し時期は寒くなくては感じがでません。


この年越し、年始にかけて額師風雅さんと
CAFE NEW CASSICさんで二人展を行うことになりました。



期間 12月27日(土)〜1月11日(日)
時間 10:00〜23:00
場所 CAFE NEW CLASSIC
    松山市祝谷6丁目1190−1 sola2F
    089−924−5506


手作りオリジナルフレーム工房「額師風雅」さん。
毎年「絵のない展覧会=額展」を各地で開催されています。 
2年前、その「額展」で風雅さんの額に出会いました。
それからお仕事の打合せなどで愛犬ポコ改めパニーニに吠えられながら工房にちょこちょこ
向かわせてもらうように・・・。




そんなご縁から、今回、書と額とcoffee展です。
書とcafeの空間の狭間を風雅さんがさりげなく装います。




CAFE NEW CLASSICさんは驚くことに年中無休。
もちろん大晦日もお正月も営業されています。




年末年始、きままにふらっと、ほっこり時間を感じに来てください。
とびきりおいしいcoffeeととろけるcakeと供にお待ちしております。
















▲PAGE TOP

真夜中の

2008.12.27 Sat 02:00
 

今日からのCAFE NEW CLASSICさんでの
展覧会の搬入、無事終了しました。


風雅さんとS子さん、お疲れ様でした。
マスターのおいしいコーヒーに心と体ををあっためながら
作業、それ自体、楽しかった。


期間中が本当に楽しみです。
皆様、ふらり〜とのんびりしませんか?
お待ちしております。

▲PAGE TOP





 



CAFE NEW CLASSICでの白晃×風雅 書と額縁とcoffee展、
初日を迎えることができました。


風雅さんによりコーナーコーナーで違った雰囲気の
額装をしていただいています。


普段は使うことのない入り口正面の壁面を風雅さんがとっても
素敵に飾ってくださってます。
風雅さんにとってはこの格子も額、の一つなのです。
書の作品もシアワセそうです。


      





朝は穏やかな日が
昼は暖かな陽だまりが
夕方には緩やかな夕日が
それぞれの時間でちがう表情を見せるcafe。

暮れ行く年
明け来る年を
ゆっくりとおいしいcoffeeと過ごしにお越しください。


少しの戸惑いと新鮮な驚きをフォローしてくれるマスターとOさんに
助けてもらいながら幸せな時を過ごさせていただいています。
本当にありがとうございます。
長丁場、よろしくお願いします。




▲PAGE TOP

coffeeと

2009.01.05 Mon 15:50

 

CAFE NEW CLASSICでの「白晃×風雅 書と額とcoffee展」、
たくさんの人に足を運んでいただいています。

新しい出会いあり、深くなるご縁あり。
本当にありがとうございます。


はじめて打合せに伺った時、浮かんだイメージを
今回書かせていただいていますが。。

DMにも使った文字、「器」。
coffeeが運ばれてくる時のあの、なんともいえない感覚。
器が置かれるときの高揚感。
それが心に残って、、。
そして「器」という文字には「才能にしたがって人をあげ用いる」という
意味もあります。
マスターとここNEW CLASSICの心の広さ。
それが少しでもあらわせれていたらよいな。





白晃×風雅 書と額縁とcoffee展

祝谷 CAFE NEW CLASSICにて 11日まで。



▲PAGE TOP

最終日です☆

2009.01.11 Sun 09:03
              
                 
 

      CAFE NEW CLASSICさんで開催中の 白晃×風雅 書と額縁とcoffee展
              昨日は開催中初めて、夜も、いさせていただきました。
         お仕事帰りにわざわざ来ていただいた方々、書と額縁に会いにきてくださった方々
                   うれしかった。ありがとうございます。
                       

                     本日最終日となりました。
                少し、寒い陽気のようですが、店内はホカホカ 

                     おいしいcoffeeとcake
                  ゆったり時間、お過ごしくださいね。


                       お待ちしています。

▲PAGE TOP

巡る、ひととき

2009.01.12 Mon 01:18
                      

 人の気持ちを表すのに、言葉はとても追いつかない、ということが
あるんだな。
あったかなもので胸が一杯。
生きてることがうれしい。
こうやって日々を過ごせていけたらどんなにシアワセかな。


CAFE NEW CLASSIC
 白晃×風雅書と額縁とcoffee展。
無事終了しました。


足を運んでくださった皆様。
今までのご縁がさらにさらに深くなった方々。
新しく出会えた方々。
本当にありがとうございました。

また、一歩を踏み出せる力、頂きました。
白晃、がんばります。


NEW CLASSICのマスター、舞ちゃん。
さりげな気遣い、いつも、ありがとうございました。
コーヒー付けの日々がこれからの人生を変えてくれそうです。
楽しかった。ホントに楽しかった。
取り留めない話も、夢の話も。。。CAFEでおこる一つ一つ。
カウンター席からお二人が見える時間がたまらなく好きです。
書もシアワセな顔をずっとしていました。
そして、これからも末永くよろしくお願いします。


風雅さん、さちこさん、額師風雅のスタッフのみなさん。
お世話になりました。
暖かく見守っていただき、心強かった。
勉強になりました。
勇気をいただきました。
本当に感謝。
また色々とお世話になっていくと思います。
今後もよろしくお願いします。


最後に両親、そしてぎんちゃん、ME、あーp−。
ありがとう。
いてくれて、ありがとう。
改めて、大好きです。
ママ、まっててくれてありがとう。
この場をかりて。。。



同じ時は二度とない。
そんな「ひととき」をいつも感じながら
大切にしながらこれからも生活してきたいな、と
思います。


    

                    


                                                     


▲PAGE TOP

えんとつ山プロジェクト

2009.01.19 Mon 23:13



ユリイカ企画「フェスタッタ的えんとつ山プロジェクト」。



18日銅夢にいはまで行われた「はまさい」に現れました。




                            

                           
                            
                           


 
ユリイカさんのえんとつ山をモデルにした花器。
細部のレンガのでこぼこんな感じもリアルに再現されています。
そして、このディスプレー。
素敵すぎます



            
イラストレーターSEIKOちゃんのポエマーなえんとつ山の世界。
ほのぼの〜。
シンプルな展示の中で灯りのように華やいでます。

           
             
           


ユリイカ×白晃×MY Fragile Herat
えんとつ山Tシャツ&エコBag
MY Fragile Heratちゃんのシルクスクリーンによる一つ一つが
手染め。かわいくなりました。

          

そして、白晃の書画です。
えんとつ山に向けてのメッセージをそえて。。。。


    拝啓「えんとつ山」様

あなたには青空がよく似合う。
見上げるとえも言われぬ爽快感。

あー、生きてきたんだ。
ここで。
ずっと。
あなたは。
朽ちながらも。

そこには、確かに
「命」がある。
「生」がある。
朽ちていきながらもなお、それゆえの美しさを増しながら。

あなたを書きたいと思いました。

ずっと生きていて下さい。
そのためにわたしたちにできることがあればおっしゃってください。

また、あなたに会いに行きます。

新居浜へ。                            白晃




会場は大盛況で
ブースも足をとめてたくさんの方々に見ていただいたそうです。
ものづくりを通じて、こんなカタチで一つの街とかかわる
ことが出来てシアワセです。

何かのカタチになっていくことを願っています。


みなさん、ありがとう。
当日会場にはいけませんでしたが、心は飛んでいました。

「えんとつ山」に幸あれ。





▲PAGE TOP

ばらーら’09

2009.02.06 Fri 01:14
                   


2月8日、日曜日にばらーら’09というイベントが開催されます。




         「ひとはつばさをもっている」




女性創作家によるコラボレーションイベントです。

こちらに白晃、出展します。
作品展示販売とワークショップをいたします。



西条市丹原文化会館にて 10:00〜17:00


ダンス・映像・音楽・ファッションショー・作品展示・・・・
異色アーティストたちのコラボで新感覚のカタチ☆
西条から発信です。

詳しくは 「さいさい西条  はんだま日記」にて。


▲PAGE TOP

▲ページトップへ

筆文字屋 白晃
〒791-1102 愛媛県松山市来住町160-5
TEL&FAX: 089-975-1257

copyright © fudemojiya hakko. all rights reserved.